骨折を早く治すために、まず試したい3つの方法!

 

骨折をしたら、できるだけ早く治したいと考えるのが当然です。では、どのようにすれば早く治すことができるのでしょうか。

 

食事を見直してみる

 

 

骨折を早く治すには、まず食事を見直してみましょう。通常は野菜を多く摂取して、炭水化物や脂質を減らすのがよいのですが、骨折した場合には、カルシウムをしっかりと摂取しないといけません。

 

しかし、カルシウムだけでは効果は今一つです。カルシウムの吸収を助け、定着させるためには、コラーゲンやコンドロイチン、ビタミンDなどが必要になるので、このような点を考えて食事を見直しましょう。

 

参考:骨折に効く食事

 

サプリメントで補う

 

 

骨折を早く治すことを目的としたサプリメントも現在では販売されているので、このようなサプリメントを購入してみるのもよいでしょう。ただし、サプリメントはあくまで補助食品です。

 

普段の食事をメインとして、どうしても摂取するのが難しい栄養素をサプリメントで補給するようにしましょう。そのためには普段のメニューを書き出して、確認してみることをおすすめします。

 

参考:骨折に効く成分一覧@どんなサプリがいいの?

 

超音波骨折治療を受ける

 

 

骨折したときには、食事や摂取する栄養素に注意することも重要ですが、治療する医療機関を選ぶことも重要です。おすすめなのは、超音波骨折治療が受けられる医療機関を探すことです。

 

超音波を用いることによって、完治するまでの期間が短くなったという報告も行われています。ただし、超音波骨折治療は先進医療なので、まだ導入されていない医療機関も多くなっています。

 

スポンサーリンク

 

骨折した時に摂りたい食べ物は?

 

 

骨折したときには、どのような食べ物を摂取すればよいのかわからないという人もいるでしょう。そこでおすすめしたい食べ物をいくつか紹介させていただきます。

 

まずはカルシウムをしっかりと取る

 

骨にとって重要な成分はたくさんあるものの、やはりカルシウムが最も重要です。そこでカルシウムをたくさん含んでいる食べ物がおすすめできます。

 

ただし、滅多に食べられないような高級食材や、味が濃いなどの理由であまり食べると体によくないものでは意味がありません。そのため、煮干しやチーズなどの乳製品が気軽に摂取できるのでおすすめです。

 

カルシウムの土台となるコラーゲンを取る

 

カルシウムをしっかりと骨に定着させるためには、コラーゲンが欠かせません。コラーゲンを多く含む食材と言えば、スッポンが思い浮かぶでしょう。しかし、スッポンは高級食材です。

 

では何がおすすめなのかというと、軟骨のから揚げや手羽先、豚足などがよいでしょう。比較的値段も安いですし、気軽に食べられるのですが、過剰摂取はいけません。

 

ビタミンやクエン酸を果物で取る

 

カルシウムの吸収を上げるためには、ビタミンやクエン酸が効果的と言われています。ビタミンやクエン酸を含む食材には、やはり果物がよいでしょう。

 

果物であれば、子供であっても喜んで食べてくれるので、子供が骨折をしたときには食べさせてあげるべきです。オレンジやリンゴ、アボカドなどいろいろな果物を摂取すると効果的です。

 

骨折に効く超音波治療

 

 

骨折の治療法として、超音波治療と呼ばれている方法があります。どのように治療を行うのか、どのようなメリットがあるのかを紹介します。

 

超音波治療とは何か

 

超音波治療と言われても、超音波を当てるのではということぐらいしか知らないという人も多いでしょう。もちろん名前の通りに超音波を出す治療器を用いて、患部に照射する治療法です。

 

ただし、積極的に取り入れられている治療法ではなく、現在ではまだ先進医療という扱いになっているので、どこの病院でも超音波治療が受けられるというわけではありません。

 

メリットがたくさんある

 

骨折の治療に効果的と言われている超音波治療には、たくさんのメリットがあります。1番のメリットは、骨折をした状態から完治するまでの期間が短くなることでしょう。しかも治療時間が1日20分という短さもメリットだと言えます。

 

他にも痛みや違和感を感じることなく治療ができるというメリットもあるのですが、早く治療が終わるということは、医療費を安く済ませられるというメリットにも繋がってくるのです。

 

2012年からは保険も適用される

 

超音波治療は先進医療という扱いなので、以前は保険が使用できませんでした。しかし、2012年から治療を行う箇所や状態などにもよりますが、保険が適用されるようになったのです。

 

超音波で骨折の治療を行う場合に使用する医療機器にも種類がたくさんあります。治療する機械によって保険が適用されるかされないかに分類されることはありません。

 

骨折したら運動はしないほうがいい?

 

 

骨折をしたら安静にしているというのが一般的ですが、治療中には運動をした方がよいという情報もあります。実際にはどちらが正しいのでしょうか。

 

3つの期間に分かれている

 

骨折した場合の運動については、期間によって異なっています。骨折した場合の期間というのは3つに分けられています。1つ目は固定期間と呼ばれており、動かさずに骨がくっつくまでは運動を控えるべきでしょう。

 

2つ目は可動域訓練期間と呼ばれており、このときからは運動する方がよいでしょう。ただし、あくまでもリハビリをする期間なので、医師に従って運動をしないといけません。3つ目は負荷訓練期間と呼び、この期間が過ぎれば治療が完了です。

 

可動域訓練期間から運動を始める

 

固定期間に骨を元の状態に戻しても、筋肉が固まった状態なのでうまく動かせません。うまく動かせるようにするためには、運動をして筋肉をほぐす作業が必要になります。

 

この期間を可動域訓練期間と呼んでいるのです。運動はするべきなのですが、医師やリハビリの専門家が指導をするので、きちんと従って運動をして、無理をしないようにしましょう。

 

負荷訓練期間で本格的なリハビリ

 

可動域訓練期間では、無理をしないで慎重に運動をするのですが、負荷訓練期間になったら、今度は体重などの負荷に耐えられるように訓練をします。

 

もちろん医師などの指示に従うことも重要ですが、自分で積極的に歩くなどの運動も必要になります。この期間が過ぎれば普通に生活ができるでしょう。

 

 

スポンサーリンク
更新履歴