米肌の口コミ、本当は悪い?実際に使った感想と効果を教えるよ〜

米肌の口コミ、本当は悪い?実際に使った感想と効果を教えるよ〜

 

毎日朝晩丁寧にスキンケアしているのに肌がかさついてしまい、潤いが全然足りない!そんな不満を抱いてはいませんか?

 

洗顔した後の不快な肌のツッパリ、肌の乾燥、潤い不足はお肌にセラミドの美容成分が不足している証拠です。

 

そこでお米由来のセラミドのパワーがギッシリ詰まった米肌(MAIHADA) 潤い体感セットに期待される効果や美容成分、愛用者の口コミについて徹底的に解説します!!

 

 

 

米肌は良い・悪いどっち?口コミを徹底分析!

 

 

米肌(MAIHADA) 潤い体感セットは、コーセープロビジョンから好評発売中のスキンケア製品。年代やライフスタイルを問わず、多くの女性に圧倒的な人気があります。

 

そこで、米肌 潤い体感セットの気になる口コミ情報についてご紹介しましょう。米肌 潤い体感セットを今使っている方もリピートしている方も、これから使ってみようかなと検討している方も必見です!

 

エタノール臭が気になる

 

私は冬になると肌のかさつきがひどく、毎日朝晩スキンケアを丁寧にしているつもりでも、ファンデーションをつけた後に粉をふいたようになってしまうんです。

 

肌に優しいスキンケア製品がないかなあとインターネットで検索しているうちに、コーセーの米肌 潤い体感セットに出会いました。米肌はまったく初めてなので、まずはトライアルセットから使ってみて、どんな感じなのか期待していました。

 

洗顔石けんはとっても濃密なもっちり泡でとってもお気に入りです。でも、肌潤化粧水のフタを開けた瞬間、エタノール臭がちょっぴり気になってしまいました。おおげさに言えば、子供の頃に注射した時のうの独特のニオイですね。

 

もちろん、そんなにキツい感じのニオイではないけれど、肌につけたら自然になじむ感じだったので安心しました。品質を安定させるために、エタノールが微量に使われているそうだけど、ニオイに敏感な私としてはやはり気になるものです。

 

何度か使っていくうちに、エタノール臭が気にならなくなればいいかなあとは思うけれど、ここがちょっと残念な感じですね。

 

(30代女性)

 

べたつく

 

コーセーの公式サイトから米肌 潤い体感セットを注文して5日後に届き、早速今日から毎日使い続けよう!とワクワクしていました。

 

洗顔石けん・化粧水・美容液・クリームの4点セットに美容マスクまでついていて、お手頃な価格なので、オトク感がありますね。

 

しかし、いざ使い始めてみると、美容液とクリームの使用感が私にはべたつくように感じられたのです。洗顔石けんと化粧水はとても使い心地が良いのに、美容液とクリームはもう少しサラッとしたテクスチャーだと良かったんですけどね。

 

米肌 潤い体感セットにはとくにしっとりタイプやさっぱりタイプなどの種類がないので、肌質や好みに合わせて選べるようになっていれば、もっと満足度が違っていたのかなあと思うとちょっぴり残念ですね。

 

(40代女性)

 

肌に合わなかった

 

お米のパワーがギッシリ詰まった米肌 潤い体感セットっていったいどんなコスメなんだろうと、興味半分で購入しました。トライアルセットは価格のお手頃だし、2週間分たっぷり使えるので、1日も欠かさずにずうっとこれでお手入れしていました。

 

しかし、実際に使ってみて感じたことは、どうも私の肌質には合わないということ。肌質に合わないとはいっても、とくに米肌 潤い体感セットを使い始めてから、肌トラブルを起こしてしまったとかいうことではありません。

 

肌に乗せた時のテクスチャーはとても良いのだけど、2週間使い続けてみてもとくに肌が潤っていくような感じが、残念ながら得られなかったということです。

 

私は超がつくほどの乾燥肌なので、米肌のセラミドのパワーをもってしても、まだまだ潤い不足なんですね。お米由来のセラミドのパワーだけではなく、なにかもう少しアプラスアルファの付加価値があれば良いかなあと思いました。

 

(40代女性)

 

乾燥肌にさよならできそう

 

テレビやネットで化粧品のトライアルセットにはすぐとびついてしまう私だけど、乾燥肌の悩みを解消してくれる化粧品って実は意外にも少ないんですよね。

 

正直、最初から米肌 潤い体感セットにはあまり期待していませんでした。米肌 潤い体感セットのネット広告を見て購入したきっかけは、洗顔石けん・化粧水・美容液・クリーム4点セットが2週間もお試しできること、そして美容マスクがついているのが決め手になりました。

 

米肌 潤い体感セットを使い始めてから、肌の調子がとても良くて、しっとり潤うのが長く続くようになりました。洗顔石けんを使った時にも肌の不快なつっぱり感がまったくないんですよね。それどころか、洗顔した段階で肌の潤いが感じられるようになり、化粧水をつけるのにあわてなくて済むようになりました。

 

米肌 潤い体感セットにはすべてのアイテムにお米由来の保湿成分がたっぷり含まれているので、あれほど悩んでいた乾燥肌にもさよならできそうな予感です。

 

とくに外の空気が乾燥しやすい冬には、米肌は私にとってのマストアイテムになりそうです。

 

(50代女性)

 

夕方までしっかり潤い持続してる

 

友人が化粧品会社の美容部員をしていて、これまで何度かお付合いでスキンケア製品を購入しましたが、使用感に満足できず、かといって友人にそれを伝えるのもどうかと思い、我慢していました。

 

そんな時、テレビCMで米肌 潤い体感セットについて知り、価格も安いのでお試しに購入してみました。朝は化粧水と美容液だけで肌の表面から内面までしっかりと潤い、つけた時だけではなく、長時間潤いが持続するのを感じました。朝のスキンケアで夕方までしっかり潤い続けているので、これはもう手放せない存在となりました。

 

友人とのお付合いで購入していた化粧品をやめることを言いにくかったけれど、先に米肌 潤い体感セットの使い心地がとても良いから、試してみたら?と伝えました。実は友人も米肌を使い始めてすっかり気に入ったようで、もう私には化粧品を勧めなくなりましたね。

 

(30代女性)

 

 

毛穴の開きが気にならなくなった

 

私の肌の悩みは混合肌であること、そして毛穴の開きが気になることでした。これまでも毛穴の悩みを解消したい人向けのスキンケア製品をいろいろ試したことはあったのですが、価格が高いこともあって長続きできませんでした。

 

そんな時にネット広告で米肌 潤い体感セットというスキンケア製品があることを知り、部分的に乾燥しやすくて、額と鼻の部分のべたつきの悩みを解消できたらと思い、購入しました。他社のコスメに比べるとトライアルセットとしては価格も安いし、まずは2週間ずっと使ってみようと決意。

 

うれしいことに米肌 潤い体感セットを使い始めてから1週間くらい経過した頃、肌の乾燥や毛穴の開きが気にならなくなりました。これは今まで使っていた化粧品では、まったく体験することがない新しい発見でしたね。2週間後には毛穴の開きもまったく目立たなくなり、ファンデーションを厚めに塗る必要もなくなっちゃいました。

 

(30代女性)

 

粉ふきがマシになり、化粧ノリが良くなった

 

私は外の空気が乾燥しやすい夏や冬になると、肌が粉をふいたようになり、肌がつっぱってしまうのが悩みでした。肌が乾燥するあまりに、時にはかゆみをともなうことも。

 

乾燥肌をケアするには保湿成分が必要だと思い、毎日のスキンケアにも私なりのこだわりがありましたが、なかなかこの悩みを解消することができません。

 

そんな時にふとしたきっかけでコーセーの米肌 潤い体感セットに出会いました。2週間分でこの価格なのでこれはお買い得だと思いました。そして毎日使っていくうちに、肌の内面にまで潤い成分が届き、潤いが長時間持続するようになりましたね。

 

冬の空気が乾燥する時にも肌が粉をふいたようになることもなくなり、スキンチェッカーを使って肌の調子を見ると、水分・油分・保湿成分ともにバランスが良くなっていることがわかりました。

 

そのせいか、ファンデーションを塗った後、メイク崩れすることもなくなり、メイクのノリがとても良くなってきましたね。

 

(40代女性)

 

目元の小じわが目立たなくなった

 

ネット広告に米肌 潤い体感セットが2週間分でお手頃価格なので、まずは使ってみようと思いました。最近、目元の小じわが気になり始めていて、早いうちになんとかしなければと思っていた時に、米肌 潤い体感セットに出会ったのです。

 

朝晩と毎日米肌 潤い体感セットでスキンケアを続けていくうちに、肌全体がしっとりと潤い、目元の小じわが目立たなくなってきたことを実感できるようになりました。

 

肌潤化粧水でお手入れした段階で、肌の潤いを十分に感じられます。その後に美容液の肌潤改善エッセンスと肌潤クリームでお手入れをすると、さらに肌の潤いが増してくる感じですね。

 

目元の小じわが目立たなくなったので、目元の印象もすっかり変わり、友人とランチをした時に「最近、若くなったんじゃない?」と言われて思わずニコニコです。

 

(50代女性)

 

敏感肌だけど問題なかった

 

私は乾燥肌で肌が敏感なので、洗顔石けんや化粧水1本選ぶのも大変です。添加物の多い化粧品は使えないし、自然派化粧品でも肌質に合わないものもあり、これまでに何度も化粧品を変えたりもしました。

 

しかし、私の肌質に合うスキンケア製品がなかなか見つからず、肌に優しいコスメってなかなか巡り会えないものかと悩んでもいました。

 

そんな時にネット広告で米肌 潤い体感セットがお得な価格で販売されていることを知り、なんだかこの化粧品なら私の肌に合うような予感がしました。

 

米肌 潤い体感セットを使用する前にパッチテストをしましたが、まったく問題もありませんでした。実際に使ってみると、化粧水も美容液もクリームもとても伸びが良くて、肌に自然になじんでくれるんです。

 

トライアルセットを2週間使った後、肌にツヤとハリも出てきてなんだか若返ってきたようです。今後ともずうっとリピしたい気分で、肌質に合う化粧品に出会ったことに喜びを感じています。

 

(30代女性)

 

米肌の口コミをまとめると

 

 

ここでは米肌 潤い体感セットに関する数件の口コミ情報をご紹介しましたが、人それぞれ肌質や肌の状態の違いもありますので、良い口コミもあればちょっぴり不満テイストの口コミもあります。

 

その中で、米肌はイマイチだという口コミについては、

 

  • 微量に含まれたエタノールのニオイが気になる、
  • 肌への浸透力は期待されるもののべたつく感じが気になる

 

といったものもありました。

 

とくに嗅覚が優れている人は、化粧品のちょっとしたニオイも気になるものです。たしかに米肌にはエタノールが配合されています。エタノールとはアルコールの仲間であり、品質を安定させる目的で配合されています。

 

エタノールが配合されることによって、収れん・清涼の効果が期待されるのです。とくに化粧水にエタノールを配合することで、つけた後にすっきりさわやかになれるのは、エタノールが含まれているから。なので、このような場合は、エタノール臭が感じられるのは仕方がないですよね。

 

ここでご紹介した良い口コミとしては、乾燥肌の悩みを解消できた方もいました。

 

その秘密は米肌の自然の保湿成分・セラミドのパワーに秘密があります。米肌の名の通り、わたしたちがふだん食べているお米から抽出された保湿成分ですから安全・安心!

 

人それぞれ使い心地には格差が生じてはいるけれど、米肌は発売以来年代を問わず多くの女性に愛用されており、肌の保湿・潤いの効果を実感しています。

 

今なら洗顔石けん・化粧水・美容液・クリームの基本4点セットと合わせて非売品の美容マスクのプレゼントもありますので、この機会にぜひ1度試してはいかがでしょうか。

 

 

米肌 潤い体感セットの内容は?

 

 

米肌 潤い体感セットは

 

  • 肌潤石鹸
  • 肌潤化粧水
  • 肌潤改善エッセンス(美容液)
  • 肌潤クリーム
  • 非売品の肌潤化粧水マスク

 

5点のお得なトライアルセット!

 

それでは、それぞれの化粧品の特徴やおすすめポイントについてたっぷりお伝えしましょう。

 

肌潤石鹸

 

 

スキンケアのファーストステップ・洗顔には重要な意味があります。単に皮脂や毛穴の汚れを落とすだけではなく、本当に肌に必要な潤いをしっかり残す役割をしてくれるのが肌潤石鹸です。

 

洗顔の後に続く化粧水と美容液のお手入れでは、肌に保湿成分をしっかり浸透させる必要があります。そのためには洗顔で肌を柔軟に整える必要があり、肌潤石鹸は化粧水・美容液の肌の内面への浸透を高めるための準備段階です。

 

濃密なもっちり泡で汚れを落とし、肌のキメをしっかり整え、洗い上がりはしっとり潤い、肌に保湿成分を満たしてくれるのです。肌潤石鹸は洗顔とブースター的な効果が期待できます!

 

保湿成分としてライスパワーN0.11、大豆発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキス配合。肌潤石鹸は肌のごわつきや洗顔後の不快なつっぱりが気になる方にとってもおすすめ!

 

肌潤化粧水

 

 

肌潤化粧水はサラッとしすぎず、不快なべたつき感もなく、なめらかなテクスチャーです。

 

肌の乾燥や毛穴のたるみ・開きが気になる方にピッタリのコスメ。化粧水をつけただけなのに、まるで美容液や乳液をつけた後のようにしっとりと潤うのは、肌潤化粧水の肌への浸透力の高さ、そして主成分のライスパワーNO.11に秘密があります。

 

この他に大豆発酵エキス・ビフィズス発酵エキス・乳酸Na・グリセリン・グリコシルトレハロース配合。肌の乾燥による小じわや毛穴が気になる方にも、肌潤化粧水ならきっと満足度が高いはず。

 

肌潤改善エッセンス

 

 

肌潤改善エッセンスは、外の空気の乾燥が気になるシーズンに欠かせないコスメ。単に保湿力を肌に補うのではなく、肌の内面から乾燥によるストレスに負けない肌へと導いてくれます。

 

肌が乾燥すると肌本来のバリア機能も低下することを踏まえ、本当に肌が求める美容成分のみを届けるために、無香料・無着色など不必要な添加物を排除し、肌に優しい弱酸性にこだわりました。

 

お米由来の保湿成分・ライスパワーNo.11を高濃度配合し、KOSE独自の浸透技術・モイストインジェクション処方により、美容成分を余すことなく肌の奥深くに届けてくれます。

 

肌潤改善エッセンスは乾燥に負けない強い肌、そして透明感の高い美肌を目指す方のマストコスメ!

 

肌潤クリーム

 

 

肌潤クリームは夜のスキンケアの仕上げの段階で使うコスメ。肌潤化粧水と肌潤改善エッセンスで肌を潤した後は、肌に必要な栄養を肌の角質層にまで浸透させてしっかり蓄えます。

 

濃厚な保湿・潤い成分が肌全体を優しく包み込み、肌の内面まで閉じ込めて肌本来のしっとり・もっちり・弾む肌へと導いてくれます。

 

肌潤クリームは弱酸性、無香料・無着色・鉱物油フリー、濃厚なコクのある肌触りと贅沢な使用感がもうクセになりそう! 手に触れた時の感じはなめらかで濃厚なコクがありますが、肌の表面に薄く伸ばすとエモリエントカプセルが弾けて、保湿成分がそのまま肌の奥へと浸透します。

 

肌潤クリームは夜眠っている間に長時間潤いを持続させ、肌本来のバリア機能を復活させてくれます。

 

肌潤化粧水マスク(非売品)

 

肌潤化粧水マスクは、米肌 潤い体感セットの中で唯一の非売品。それだけにこの機会を逃したらもう手に入れたくても手に入れることができません。

 

肌潤化粧水マスクには、天然の保湿成分がたっぷり含まれていて、さっぱりとした使い心地なのにマスクシートを外した後はしっとり感が残ります

 

実はこの肌潤化粧水マスクは、米肌などKOSEの化粧品を購入してポイントを貯めるとプレゼントされるコスメなのですが、今回米肌 潤い体感セットにプラスされることになり、大人気を博しています。

 

夏の暑い日に肌潤化粧水マスクを乗せるとひんやりとして気持ちが良くて、紫外線ダメージもしっかり防ぎ、キメ細やかな肌へと導いてくれます。

 

 

米肌の魅力は「ライスパワーNo.11」にあり!

 

 

米肌の魅力を一言で語るととするなら、やはりなんといっても主成分のライスパワーNo.11ですよね。そもそもライスパワーNo.11とはいったいどのような成分なのか、どんなパワーを秘めているのか、知りたくはないですか?

 

そこで、ライスパワーNo.11の特徴や期待される作用や効果について詳しくお伝えしましょう。

 

ライスパワーNo.11はどんな成分?

 

 

ライスパワーNo.11というネーミングから、お米由来の美容成分だということは想像がつくと思います。なぜこの成分が米肌のコスメに配合されているのか、その理由はどんなところにあるのでしょうか。

 

ライスパワーには数種類ありますが、肌本来の水分を保持する機能が改善される効果が認められたのがこのライスパワーNo.11なのです。他の美容成分には、このような効果が期待されることはなく、コーセーはいち早く着目したのですね。

 

そして、ライスパワーNo.11の美容成分を肌にしっかり届けられるように化粧品の開発に乗り出したのです。

 

ライスパワーNo.11は、コラーゲンやヒアルロン酸と並ぶ3大美容成分・セラミドを生成するパワーをアップさせる唯一の成分とされています。加齢とともに減少するセラミドを増やし、肌の内面からの保湿と潤い力をアップさせる効果が期待されます。

 

肌の内面に失われがちなセラミドを毎日のスキンケアでただ補えば良いというのではなく、肌の内面でセラミドを生成させるための原動力を作る、それがライスパワーNo.11なのです。セラミドは肌の保湿因子の80%以上もの割合を占めており、肌の潤いの源とも言うべき美容成分です。

 

ライスパワーNo.11は、日本国内の厳選されたお米を主原料として乳酸菌や酵母、麹などじっくりと時間をかけた自然発酵の技術によって作られた成分です。もともとお米由来の成分ですから、肌に優しくて敏感肌の方にも安全・安心です。

 

乾燥肌の改善

 

夏の強い紫外線や冬の冷たい空気により、乾燥肌に悩む女性が年々増え続けています。乾燥肌を解消するには、単に毎日のスキンケアでコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分を補えばいいというものではありません。

 

肌に不足しがちなセラミドを作り上げ、肌の内面からの保湿力をパワーアップさせなければ何の意味もありません。数多い美容成分の中でもライスパワーNo.11は、乾燥肌に悩む女性にとっては神様のような存在といっても過言ではありません。

 

わたしたち日本人は古い昔から玄米を主食としていましたが、お米を丁寧に研ぐことで冬の寒さが厳しい季節にも手が乾燥することもなく、しっとりと潤い、すべすべ肌を保つことができていたのです。お米のとぎ汁や米ぬかで洗顔すると肌が白くなり、肌の不快なつっぱりもなく、潤いのヴェールに包まれます。

 

お米には肌を潤し、保湿するパワーがあります。このお米を時間をかけて発酵させるとライスパワーNo.11となり、集中的に補給することによって肌の内面に保湿成分が届き、セラミドを生成させるため、肌の乾燥を防ぐことができるのです。

 

ライスパワーNo.11がたっぷり含まれた化粧品で、乾燥肌対策をする女性も増えています。自然の食材から作られた美容成分ですから、肌が敏感な方にもまったく違和感なく使えます。

 

毛穴の引き締め

 

若い頃は毛穴がキュッと引き締まっていて、キメ細やかな肌を保っていたのに、加齢とともに毛穴がどんどんたるんでしまう! そんな悩みを抱える女性も少なくありません。

 

とくに皮脂の分泌量が多いわけでもないのに毛穴の開きや黒ずみ、肌全体のたるみが目立つようになったら、肌に潤いが不足した証拠です。

 

肌のたるみや毛穴が気になるからと、化粧水や美容液をたっぷりつけてもそれは単に肌に美容成分を補給するだけの役割です。

 

肌の内面にセラミドが不足すると、肌全体にハリがなくなり、毛穴も開いてしまうのです。肌のハリを取り戻し、毛穴をキュッ!と引き締めるためには、肌の内面にセラミドをしっかりと生成させること、そしてセラミドの量を増やし、常に一定量を保つことが肝心です。

 

ライスパワーNo.11は、セラミドを生成させる縁の下の力持ち的な存在。そして、セラミドの量を安定させることによって、肌の表面から奥深くにかけて水分をしっかりと蓄えられるようになるのです。

 

ほうれい線を消す

 

20代・30代の頃は実年齢よりも若く見られていたのに、40代後半からほうれい線が気になり始めた、そんな悩みを抱える女性も多いのではないでしょうか。

 

ほうれい線ができる原因は加齢による肌の老化、肌のたるみ、ストレス、疲労、紫外線による肌ダメージなどいろいろあります。

 

ほうれい線が目立つようになると、実年齢よりも老けた印象になってしまい、たいして疲れているわけでもないのに周りの人から「なんだか疲れているみたい。」と言われることも。

 

ライスパワーNo.11には、肌の内面でセラミドを産生する働きがありますので、肌の水分量をしっかりと増やし、ある一定の水分量を保持することができます。さらに保湿力も高いので、水分と保湿成分のバランスを整え、自然に肌のキメが整ってきます。

 

ほうれい線は肌のたるみの現象のひとつではありますが、あきらめるのはまだまだ早い!ライスパワーNo.11の成分を補給することにより、肌の若々しさの源を作り上げることができるので、ほうれい線を目立たなくする効果も期待されることでしょう。

 

しわ・小じわ解消

 

目尻の小じわや顔のシワは加齢による老化現象のひとつですが、年々紫外線のパワーが強くなっているので、まだ若いからと油断はできません。小じわやシワの原因の大半は強い紫外線であり、肌の乾燥と老化を早めてしまう大きな原因なのです。

 

しわや小じわは肌の水分や保湿成分、皮脂の量が減少すると、これ以上は水分や保湿成分を少なくしてはいけないと肌の角質層がキャッチして一生懸命カバーしようとして防御機能が働いてくれるのですが、その結果、角質層のキメが荒くなってしまい、顔の肌の表面の一部にシワや小じわという形で出てしまうのです。

 

小じわやシワができる前に何か手を打っておけば、これを未然に防ぐことはできます。その方法とは、肌の表面から角質層にかけてセラミドのパワーを補い、蓄えることです。

 

ライスパワーNo.11にはセラミドの生成をしっかりサポートする力があるので、肌の水分量と保湿力を安定させてくれます。そのため、しわや小じわができるリスクを抑える効果が期待されるのです。

 

その他含まれる有効成分とその効果は?

 

 

米肌にはお米由来のライスパワーNo.11の他にも

 

  • 大豆発酵エキス
  • ビフィズス菌発酵エキス
  • グリコシルトレハロース
  • 乳酸Na
  • グリセリン

 

などの成分が含まれています。それぞれの成分の特徴や働きについてご紹介しましょう。

 

大豆発酵エキス

 

大豆発酵エキスは読んで字の如く、大豆から抽出された発酵エキスです。大豆は女性の美肌作りには欠かせない食材であり、大豆イソフラボンのパワーがたっぷり含まれています。

 

大豆発酵エキスには肌の保湿作用が期待されており、あえて大豆を発酵させることによってフィトフラージュという成分が生み出され、コラーゲンとよく似た働きをします。

 

肌のキメを整える効果や肌のハリを生み出す効果も期待されているのが、この大豆発酵エキスです。
肌の表面から角質層にまで水分を届けて保つ働きがあるので、乾燥肌対策にはマストな存在。

 

ビフィズス菌発酵エキス

 

ビフィズス菌発酵エキスは腸内に善玉菌を増やす働きがあることは、みなさんよくご存知ですよね。ビフィズス菌発酵エキスにはアミノ酸やビタミン、ミネラルがたっぷり含まれていて、肌が求める栄養素がギッシリ詰まっています。

 

ビフィズス菌発酵エキスには、加齢による肌の老化画原因とされるしわ、小じわ、シミなどの肌トラブルを防ぐ効果、肌のくすみを解消する効果が期待されます。ビフィズス菌発酵エキス本来の働きは、ダメージを受けやすい肌細胞を修復する作用と肌の保湿です。

 

グリコシルトレハロース

 

グリコシルトレハロースは、トレハロース(とうもろこしから分解されて作られた成分)ブドウ糖であるグルコースが結合して作られた天然の保湿成分です。

 

乾燥肌対策にピッタリの成分であり、乾燥地帯に生息する生物や植物には、トレハロースが含まれており、長期間水分を補給しなくても、しっかりと体内に水分を蓄えることができるのは、この成分の働きによるものと考えられます。

 

米肌にはグリコシルトレハロースが含まれることによって、保水力を高める効果が期待されます。

 

乳酸Na

 

乳酸Na (乳酸ナトリウム) は、NMF(天然保湿因子)にある保湿の働きをする成分で、天然保湿因子の10%以上を占めています。その名の通り乳酸とNa(水酸化ナトリウム)から作られた成分です。

 

とくに保湿力と吸湿力があり、肌の乾燥を防いでくれる影の主役的な存在です。肌にとてもなじみやすく、肌の水分量を一定に保ち、肌の内面からの潤いをキープします。

 

乳酸Naの特徴として、湿度の上下によって本来の吸湿パワーが変化することもなく、安定しています。

 

グリセリン

 

グリセリンは、肌本来のみずみずしさとなめらかさを保つ上で必要不可欠な存在ですね。化粧品の定番成分ですが、食品や医薬品にもグリセリンがよく使われており、安全性の高い成分です。

 

グリセリンにはとろみがあり、肌になじみやすくジェルやクリーム、水にもなじみやすいのが特徴です。米肌には数種類もの保湿成分が含まれていますが、グリセリンを含むことによって、よりなめらかなテクスチャーが実現されています。

 

米肌は敏感肌・乾燥肌に優しい低刺激設計

 

 

スキンケア製品を新しく変えることには、ともすれば抵抗を感じる人もいるかもしれません。中には、乾燥肌や敏感肌など肌のバリア機能が低い女性もいるからです。

 

しかし、米肌はお米由来の保湿成分をベースに大豆発酵エキスやビフィズス菌発酵エキスなど、すべて自然の成分にこだわっているから、肌にとっても優しいですね。

 

6つの低刺激処方だから安心

 

 

そして、米肌は6つの低刺激処方により、肌が本当に必要とする美容成分のみをしっかり届けてくれるのです。6つの低刺激処方とは、無香料・無着色・鉱物油フリー・アレルギーテスト済み・弱酸性・石油系界面活性剤フリーのことを指しています。

 

肌潤石鹸と肌潤化粧水と肌潤クリームは無香料・無着色・鉱物油フリ−、肌潤エッセンス(美容液)は無香料・無着色・弱酸性です。そしてスキンケアのファーストステップとして使う肌潤石鹸は石油系界面活性剤フリー、すべての女性の肌に潤いと優しさを届けてくれる、それが米肌です。

 

米肌のコスメを使用するすべての女性にアレルギーが発生しないというわけではありませんが、乾燥肌・敏感肌の女性にも安全・安心の成分のみ含まれているので、肌トラブルを引き起こすリスクは極めて低いと言って良いでしょう。

 

米肌で肌の潤いと保湿力アップ

 

米肌のスキンケア製品は洗顔石鹸・化粧水・美容液・クリームの4点セットが基本で、朝はクリームを除く3点となっています。

 

主成分のライスパワーNo.11から大豆発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキス、グリコシルトレハロース、乳酸Na、グリセリンとすべての成分に保湿パワーがギュッと濃縮されています。「米肌と言えば断然潤いと保湿力よね。」と言われる理由、その秘密はここにあります。

 

 

米肌の使い方

 

 

米肌で保湿力を十分に実感するには、基本の使い方をしっかり覚えておくことが大切ですね。そこで、肌潤石鹸・肌潤化粧水・肌潤改善エッセンス・肌潤クリームの基本4点セットと非売品の肌潤化粧水マスクの使い方と手順をご紹介しましょう。

 

肌潤石鹸の使い方

 

 

肌潤石鹸は肌にマイルドなもっちり泡のパワーで、肌の表面や毛穴の奥の汚れを落として健やかな肌へと導いてくれます。

 

泡立てネットを上手に活用すれば、ホイップ泡がわずか数秒で簡単に作れます。1回分の使用量は中サイズのレモン1個分、卵よりも少し大きいぐらいが目安。

 

もっちり泡をカオの肌全体につけて軽めのタッチで内側から外側に向けて小さな円を描くイメージで洗うのがコツ。あとは水かぬるま湯でよくすすぎます。

 

肌潤化粧水の使い方

 

 

肌潤化粧水の1回あたりの使用量は500円玉くらいの大きさが目安。手のひら全体でよく温めてから肌に優しくなじませると良いでしょう。軽くパッティングすると、美容成分が肌の奥深くに浸透しやすくなります。

 

仕上げに左右の手のひらで顔全体をすっぽりと覆うように包み込み、しばらくそのままにします。体温によりカオの肌の血流とリンパの流れを良くして、美容成分をしっかり届けます。

 

肌潤改善エッセンスの使い方

 

 

肌潤改善エッセンスの1回あたりの使用量はポンプで2プッシュ分です。顔全体に薄く伸ばし、ムラがないようにします。目尻の小じわなど肌の乾燥が気になる箇所があれば、もう1プッシュ追加して重ね塗りしても良いでしょう。化粧水を使う時と同様に、両手の手のひら全体で顔を覆い、美容成分をしっかり閉じ込めましょう。

 

肌潤クリームの使い方

 

 

肌潤クリームは夜寝る前のお手入れの仕上げとして使い、1回あたりの使用量はパール粒1個分が目安です。あご・頬・鼻・額に少しずつ置いてから、全体に薄く伸ばしていきます。

 

最後の仕上げに顔全体を覆い、美容成分を逃さないように肌の奥に届けるようにイメージしましょう。

 

肌潤化粧水マスクの使い方

 

 

今なら米肌 潤い体感セットに非売品の肌潤化粧水マスクがついているので、有効活用しましょう。シートマスクには肌潤化粧水の成分がたっぷりと含まれているので、マスク使用の前に化粧水をわざわざつける必要はありません。

 

通常、化粧水だけだと肌の表面から水分が蒸発することもありますが、シートマスクは表面をシートで覆われているので、肌の表面から水分や保湿成分を逃しません。

 

シートマスクはお風呂上がりに使うと、角質層が軟らかくなり、毛穴が開いているので、このタイミング二使うのが効果的です。

 

顔全体をシートで覆い、10分〜20分そのままにしてはがして、あとは化粧水・美容液の順にお手入れします。化粧水を先につけてからマスクを使ってももちろん構いません。

 

米肌はどこで買える?

 

 

KOSEから好評発売中の米肌 潤い体感セットは、化粧品店やディスカウントショップ、ドラッグストア、ネット通販で購入することはできるのでしょうか。

 

そこで、実際にどのお店で購入できるのか徹底チェックしてみました。

 

ドラッグストアやドンキなど店舗販売はない

 

米肌はコスメショップやドラッグストア、ディスカウントショップでの取扱いはなく、通販限定のコスメです。

 

ドラッグストアやドンキホーテなどのお店では、数多くの化粧品メーカーのコスメが販売されています。KOSEの化粧品が取り扱われているお店もいくつかありますが、米肌 潤い体感セットを販売しているお店はありません。

 

今回はトライアルセットとして販売されており、ひとつひとつの化粧品の良さを体感してもらうには、KOSEの公式サイトを見ていただいて、どんな成分画含まれていてどんな効果が期待されるのか、よく見てから納得した上で購入して自分の目で確かめていただければと思います。

 

楽天

 

楽天市場では1500円、送料540円と出ていました。

 

アマゾン

 

アマゾンでは1500円、送料540円となっています。新品での出品もあり、こちらは2400円で送料は515円です。

 

公式サイトが一番お得!

 

米肌 潤い体感セットは楽天市場とアマゾンでも販売されてはいますが、商品価格は同じでも送料が別途かかります。

 

KOSEの公式サイトでの販売は価格は1500円(税込)で送料は無料となっています。最近は運送会社の配送事情により送料も以前より高くなっていますね。

 

その点、公式サイトでは送料無料で、メーカーから直接お届けされるという安心感があります。

 

公式サイトから購入すればアフターフォローも万全だし、購入する時に会員登録の手続きを済ませておくと、その後もKOSEからのお得なキャンペーン情報などもメールでお知らせしてくれます。結論から言えば、米肌をよりオトクな確実に購入するには、やっぱりKOSEの公式サイトが一番オトクで安心!

 

 

米肌 潤い体感セットと澄肌美白セットとの違いは?

 

 

KOSEで人気のコスメには米肌 潤い体感セットとともに澄肌美白セットがありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。そこで、澄肌美白セットのトライアルの内容、コスト、美容成分について徹底チェック!

 

澄肌美白は美白成分が追加

 

米肌 潤い体感セットと澄肌美白セットとの決定的な違いは、澄肌にはその名の通り、美白の効果が期待される美容成分が含まれていることです。

 

澄肌美白セットの基本コンセプトは、透明感と輝きのある美白肌へと導くことです。シミやそばかすの原因とされるメラニンの生成を抑え、クリアな肌を目指します。

 

もちろん、澄肌美白セットにもお米と発酵のパワーがギュッと濃縮されていて、肌への優しさにもこだわっています。

 

澄肌美白セットには、美白成分としてビタミンC誘導体、肌荒れを防ぎ若々しさを保つ成分としてビタミンE誘導体、保湿成分として米発酵液・乳酸Na・ハトムギ発酵液・イネ葉エキス・白茶エキス・米ぬか酵素分解エキスなどが含まれています。

 

クリアな美白肌を目指すために独自のテクノロジーが採用されており、肌のなめらかさとみずみずしさを引き出してくれます。
米肌 潤い体感セットは肌の保湿力・保水力をメインにしているのに対し、澄肌美白セットは美白肌を目指す人向きのコスメです。

 

澄肌美白はトライアル内容が少ない

 

澄肌美白セットの内容を見ると、洗顔石鹸・美白化粧水・美白エッセンス(美容液)・ジェルクリームの4点セットです。米肌 潤い体感セットにはシートタイプの肌潤化粧水マスクがついていますが、こちらのトライアルセットにはついていません。

 

潤い体感セットよりコストがかかる

 

米肌 潤い体感セットと澄肌美白セットについて、コストを徹底比較してみました。いずれも税込1500円・送料無料ですが、澄肌美白セットには肌潤化粧水マスクのような美容パックはついていないので、単純に比較するとややコスト高ですね。

 

米肌は同じKOSEの肌極と何が違う?

 

出典:肌極

 

KOSEの人気コスメには肌極 (はだきわみ) があります。米肌 潤い体感セットと肌極を比較すると、ターゲットとする女性の年代、美容成分の違い、価格の違いなどがあります。それぞれ具体的にどのような違いがあるのか、徹底調査しました。

 

対象年齢が異なる

 

米肌 潤い体感セットと澄肌美白セットとでは、ターゲットとする対象年齢にそれぞれ違いがあります。米肌はとくに年代に関係なく若い女性から中高年世代の女性と幅広い年代の女性に愛用されています。

 

米肌は保湿力を重視しており、乾燥肌や敏感肌の女性は年代に関係なくたくさんいます。一方、肌極はおもに20代から30代前半の若い女性に愛用者が多く、軽めの乾燥肌対策に最適です。

 

米肌のほうが高価な美容成分が含まれる

 

米肌と肌極の美容成分について比較したところ、共通点はライスパワーNo.11が主成分であるということです。

 

肌極のみに含まれる美容成分にはチャエキス、アルカリゲネス産生多糖体などが含まれています。肌極美容液には香料も含まれていますが、米肌には大豆発酵エキスやビフィズス菌発酵エキスなど自然の保湿成分がたっぷり含まれています。

 

トータルで判断すると肌極よりも米肌のほうが美容成分の質が高く、保湿力を重視したスキンケアができます。

 

米肌は肌極より価格が高い

 

米肌には良質な美容成分が多く含まれているだけに、肌極と比較しても価格がやや高めです。しかし、よく考えてみるとコスト安にこだわって、使用感に不満を抱くよりも、品質にこだわって美肌の効果を実感できるほうが、自分にとってはとても幸せなことです。

 

単純に比較するのではなく、自分の肌質をチェックしてみて、どんな美容成分が不足してするのか、どのような効果を求めているのか、自分のニーズに見合う化粧品を選び、使い続けて満足感得ることのほうが大切ですよね。

 

まとめ

 

 

ライスパワーNo.11の成分が含まれた化粧品が今話題になっていますが、その中でもKOSEの米肌は発売以来、年代に関係なく多くの女性が愛用しており、リピーターも続出中です。お米の健康パワーが見直される中で、お米の肌への美容効果にも注目が集まるようになりました。

 

KOSEには米肌シリーズの化粧品の他にも肌極や澄肌美白などのシリーズがありますが、いずれもライスパワーNo.11がたっぷり含まれていますが、米肌とは美容成分の種類や質の違いがあります。

 

価格がもっともお手頃なのは肌極、美白ケアなら澄肌美白ですが、濃密な保湿力が欲しい方、乾燥肌や小じわが気になる方には米肌を自信を持っておすすめします。

 

ライスパワーNo.11に加えて大豆発酵エキスやビフィズス菌発酵エキスなど、お米と発酵のパワーでしっとり潤うツヤ肌を米肌のスキンケアで目指してはいかがでしょうか。

 

page top