骨を強くするためにビタミンC、ビタミンDなどを摂る!

骨折を早く治すのは重要なことですが、普段から骨折をしないように予防しておくことがもっと重要になります。そのためには骨を強くしておかないといけません。

 

骨を強くするビタミン

 

骨を強くする成分と言って思い浮かぶのは、やはりカルシウムだと言えるでしょう。しかし、カルシウム以外にもビタミンが骨を強くしてくれるのです。

 

中でもビタミンDはカルシウムの吸収を上げてくれる効果があります。ビタミンD以外にも、ビタミンCやビタミンKなども骨を強くするためには欠かせない成分だと言えるでしょう。

 

ビタミンは野菜や果物に多い

 

骨折したときの回復力を高めるために、たんぱく質を多く摂取するというのが重要になります。しかし、骨折の予防をするためには、ビタミンをしっかりと摂取する必要があるのです。

 

たんぱく質は肉類や魚介類に多くなっているのですが、ビタミンは野菜や果物に多いと言われています。そのため、肉や魚介類もきちんと摂取する必要があるのですが、野菜や果物も摂取しないといけません。

 

骨を強くするのにおすすめの食材

 

骨を強くするのに必要なビタミン類を含む食材はいくつかあります。そんな中でも比較的安価で購入できて、気軽に食べることができる食材を紹介します。

 

それはキクラゲやシイタケなどのキノコ類ですが、キノコ類にはビタミンDが多くなっています。発酵食品や小松菜、ホウレンソウにはビタミンKが多くなっていますし、パセリやパプリカなどはビタミンCが多いと言われています。